いわきでのキャンプも無事終わり、東京での通常業務にもどりつつも、いわきへの想いが抜けない担当です(苦笑)。

現在、各地区の開催レポートを編集中です。
各地区実行委員の方や、保護者の方に「ブログ見ているよ!」とお声掛けいただいていますので、各地区のレポートが完成するまでの間、みなさんのいい顔をアップしていきますので、ちょこちょこのぞきにきてくださいね。

『レッドベアいわき防災キャンプ ハイライト vol.1』

【小名浜地区】
なんといってもナイトハイク!そして自分たちで作った段ボールシェルターでの野営。
子どもたちの感想にも「ナイトハイクが楽しかった!」という声がたくさん書かれていました。
b0252022_22531654.jpg

自分で火おこしした火で炊いた空缶コンロご飯!みんな「おいしい!」と、もりもりたべていました。
b0252022_22573397.jpg


【常磐地区】
ご協力いただいた常磐共同ガスさんの指導のもと、自分で擦ったマッチでガスに火をつけるという体験をしました。
b0252022_2304341.jpg

いわき市水道局の方による災害時の給水方法などを教えていただきました。
b0252022_2343427.jpg


【好間地区】
空いた時間に自発的に、みんなで、ロープワークや紙食器づくりをがんばっていた姿が印象的でした。
b0252022_2395849.jpg


空きびんランタンできれいな火がともりました。
b0252022_23121561.jpg


【勿来地区】
三瓶副館長指導のもとに作った「ツナ缶ランタン」。ツナ缶でこんなに簡単に火がともるんです!
b0252022_16293329.jpg


担当の予想を超えて大変もりあがった「ペットボトルろ過器づくり」。泥水をきれいな水にろ過できたかな?
b0252022_11442334.jpg


実行委員のみなさんと子どもたち、みんなで作り上げた灯明、きれいに点灯されました。
タイムリーな五輪のマークもいい感じです!
b0252022_23231458.jpg

b0252022_23241920.jpg


【四倉地区】
これがうわさのタンコロです!さすがに火力が強いです。この火で沸かしたお湯でシチューを食べました。
b0252022_23251510.jpg

語り部さんの案内のもと、久之浜地区の被災地を訪れました。
津波と火災で、土台のみとなった家がひろがっています。語り部さんの言葉が心にのこりました。
b0252022_23261932.jpg


【平地区】
実行委員の方が下絵を描き、子どもたち、実行委員、神戸から駆け付けた、レッドベアサバイバルキャンプクラブのメンバーと一緒につくりあげた灯明。
レッドベアが、「がんばっぺ平」とさけんでます!
b0252022_10194493.jpg

b0252022_23275155.jpg

番外編ということで急きょ実施された、対決!水バケツリレー。
実行委員も交じって、みんなで力を合わせて水を運びました。子ども以上に大人の盛り上がりも見逃せませんでした。
b0252022_11312666.jpg

[PR]
# by rbiwaki | 2012-08-08 23:13
7/21からスタートした「レッドベアいわき防災キャンプ」。
8/5の平地区での開催をもちまして全日程、無事終了しました。

この夏、いわき市6地区で、約190名の小学4、5、6年生を対象に行われた防災キャンプ。
どんな状況でもたくましく生き抜く知恵や力を、楽しみながら身につけてもらえることができました。
また各地区、地元スタッフの方々の手によって実施され、地域としての、つながりや防災力も上がったのではないでしょうか。

【小学生参加人数】
7/21(土)-22(日) 小名浜地区 小名浜公民館 29名
7/26(木)-27(金) 常磐地区 藤原公民館 30名
7/27(金)-28(土) 好間地区 好間公民館 26名
7/30(月)-31(火) 勿来地区 植田公民館 39名
8/1(水)-2(木)   四倉地区 大浦公民館 40名
8/4(土)-5(日)   平地区 高久小学校 22名

写真は、各地区参加の小学生に書いてもらった、横断幕。
みんなのきもちがぎっしりとつまって完成しました!
今後は市の施設などに掲示予定です。
b0252022_2262898.jpg

[PR]
# by rbiwaki | 2012-08-06 23:50
8/4,5の日程で平地区 高久小学校にて「レッドベアいわき防災キャンプ」を実施しました。

現在記事編集中です。
記事アップまでもうしばらくお待ちください。
[PR]
# by rbiwaki | 2012-08-06 09:31
さて、今回でレッドベアいわき防災キャンプの最終地区となりました。

今回は平地区にある、高久小学校がメイン会場となります。

田園風景が美しく、海風が心地よい、とても気持ちいい場所です。

今回の開催地の中では、初の小学校開催となります。
ここは昨年の震災で避難所となった小学校です。

さてこちらで実施予定のプログラムは…

昨年の震災以降に設定された、津波被害から避難するための経路を歩く、
「津波避難経路ウォーク」

阪神淡路大震災経験者の神戸在住の語り部さんをお招きして、震災当時の様子をお伺いする
「語り部さんのお話」

また、夜には、参加者全員で灯明を作って並べ、校庭に光の空間をつくりだす
「灯明づくり」

が予定されています。
そして、今回は神戸より、レッドベアサバイバルキャンプクラブのメンバー6人が駆けつけてくれる予定になっています。
いわきと神戸の交流も楽しみですね。

写真は前日の搬入打ち合わせを一緒にしていただいた、実行委員会の方々です。

2日間どうぞよろしくお願いします!

b0252022_722529.jpg

[PR]
# by rbiwaki | 2012-08-03 23:50
さて、キャンプも残すところ、あと2地区となりました。

明日から5か所目のキャンプ地、大浦公民館でのキャンプがスタートします。

前日である本日、植田公民館でのキャンプ終了後に、大浦公民館へ、搬入と打ち合わせにいってきました。

比較的多くの地域スタッフがかかわられるというこちらの地区では、実施会場を大浦公民館と、すぐ近くの大浦小学校の2カ所を使っての開催となります。

4月の現地打ち合わせの時点ですでにプログラム候補にあがっていた丸太ストーブ(通称:タンコロ)がいよいよ登場します!

また、2日目には、津波による被害を受けた沿岸部へ訪れ、語り部さんによるお話を聞く予定となっています。

この地区ならではの多くの学びがありそうですね。

写真は公民館館長の山田さんと、社会教育指導員の野地さんです。

私たちが、到着した時、このお二人と、公民館の方が、外へ一斉に出て笑顔でお出迎えいただきました!

そして、帰り際には、Tシャツを着てのお写真をいただきました!

明日からの2日間、よろしくお願いします!

b0252022_6452690.jpg

[PR]
# by rbiwaki | 2012-07-31 23:58