015-1 好間地区 好間公民館で開催しました。その1

7/27、28の日程で行われた好間地区 好間公民館でのレッドベアいわき防災キャンプ。
常磐地区の開催2日目とかぶる形での開催となりました。
こちらも常磐地区と同じくいわき市のほぼ中心、内陸に位置します。

さてこちらでは、私たちが「スーパー主婦」と呼ぶ、子どもたちの指導にも慣れ、また地域の方とのつながりも広くある方が、実行委員会のメンバーにいらっしゃったのが、大変心強かったです。
その方が子どもたちの取りまとめ、進行をされていたので、スムーズなプログラム進行となりました。
また、その方からお声掛けいただき、被災された90歳のおばあちゃんや、好間公民館に原発からの避難で100日間過ごされた方をお招きし、実際にお話しを聞くことができました。

さて、こちらでのプログラムは…

【1日目 午前】
・防災体操
・なまずの学校(地区消防署員)
・応急手当

お昼:持参のお弁当
--------------------------------------------------
なまずの学校
b0252022_2133459.jpg

スライドを使ったより専門的な応急手当の講義の後、実際にみんなで応急手当の実技。
b0252022_2221838.jpg

b0252022_21554989.jpg


【1日目 午後】
・語り部さんのお話

語り部の秋山さん。
津波で流された時の状況を細かに話していただきました。
90歳とは思えない、大変元気で笑顔のかわいらしい方でした!
b0252022_21562932.jpg


原発から避難されてきた早川さん。
3.11の様子や、災害時の心の持ち方などを話していただきました。
他人のことを思いやるという気持、たすけてあげたいという思いや絆。
避難者として、生きる力や生きる心が大切ということもお話しいただきました。
b0252022_21564696.jpg


災害からまだ1年と少ししかたっていないこの時期に、貴重なお話をしていただいたことに心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

--------------------------------------------------
・ロープワーク
・毛布で担架タイムトライアル
・紙食器づくり

ロープワーク指導員の渋川先生にとてもわかりやすく教えていただきました。
そのこともあってか、翌日のオリエンテーリングでは、今回全地区の中でも、最も精度の高い、ロープワークをこなすチーム続出な地区となりました!みんな真剣です!
b0252022_22225334.jpg


紙食器づくり。
簡単な四角の箱の他、八つの角がでる箱の折り方も教えてもらいました。
安定感もあり形もキレイです。
折り紙が得意な子は、どんどん量産体制です。
b0252022_22175937.jpg


午後のプログラムが終わったところで、夕飯まで少し時間があきました…。
ふと気がつくと子どもたち全員、自発的にロープワークや紙食器づくりをそれぞれで教えあいながら、もくもくとがんばっている姿が!
きっと普段なら空いた時間にはゲームなどするのかな?と思うのですが、環境が変われば、そこにあるもので、遊び、そして学んでいくんだなぁ…と感動してしまいました。
b0252022_22284569.jpg

b0252022_22285778.jpg

b0252022_22291137.jpg


夕飯:カレー、サラダ
b0252022_2235347.jpg

赤十字奉仕団の方に炊き出しをしてもらいました。ごちそうさまでした。
b0252022_2235836.jpg


--------------------------------------------------

【1日目 夜】
・ランタンづくり
・星空観察
・寝床づくり

クラフトの得意な遠藤先生に指導いただいたランタンづくり。
空き瓶に針金を渡し、ティッシュの芯を取り付けます。そして燃料はなんとサラダ油!
b0252022_2241595.jpg

b0252022_22391051.jpg

きれいにともりました。
b0252022_22373013.jpg


その2に続きます…。

[PR]
by rbiwaki | 2012-07-30 23:50